冬の肌の乾燥の原因は何?乾燥肌のおすすめの対策まとめ

美容

冬の乾燥肌は女子の大敵です。カサカサの乾燥肌だと化粧がうまくできないですし、痒みも辛いですよね。今回は乾燥肌の原因、対策から乾燥肌におすすめの食べ物や化粧水などをご紹介します。

乾燥肌に負けないように冬を乗り切りましょう。

冬の肌の乾燥の原因は?

冬の乾燥肌の原因は?

冬にお肌がカサカサに乾燥する原因には何があるのでしょうか?肌が乾燥する原因にはいくつかあります。主な原因を3つご紹介します。

もし当てはまっているものがあれば、改善をしていきましょう。

気温と湿度の低下

冬は気温と湿度がとても低下します。気温が低下すると、肌の代謝が下がり、皮膚からの脂質の分泌が少なくなります。皮脂成分が少なくなると、肌の表面の潤いを守ることができなくなります。

冬は気温だけでなく、湿度も低下するので更に肌を乾燥させます。冬に肌が乾燥するのは、気温低下による肌の皮脂成分の減少と湿度の低下によるものなのです。

肌が乾燥肌のタイプ

肌がもともと乾燥肌の人は冬に乾燥しやすくなります。肌の潤いを守る皮脂成分が少ないだけでなく、肌の刺激を守る力も強くありません。

肌のトラブルが多いので、スキンケアをこまめにする必要があります。皮脂が多い人でも冬は乾燥するので、乾燥肌になる場合もあります。

冬の暖房が原因

冬に肌が乾燥する原因の一つに家の暖房があります。冬は気温が下がり、どうしても暖房で暖まりたくなりますよね。しかし、暖房の空気は非常に乾燥しており、家の中の湿度がぐんと下がります。

家の中の乾燥が肌にダメージを与える場合があるので、注意をしましょう。

乾燥肌になる習慣

乾燥肌になる習慣

冬に乾燥肌になってしまうのは冬の乾燥だけが原因ではありません。普段の生活習慣が肌を乾燥肌にさせてしまうこともあります。

生活習慣を改善するだけでも、肌を乾燥から守ることができます。家で気軽にやってしまうものが多くあるので、一度チェックをしていきましょう。

42度以上のお湯につかる

42度以上のお湯につかると、皮膚がかゆくなりやすいという特徴があります。かゆみがあると、ついつい掻いてしまいますし、皮膚に刺激を与え、乾燥肌の原因となります。

また、皮膚にあるうるおい成分を守る皮脂成分を余計に落としてしまい、肌を乾燥させてしまいます。お風呂は40度くらいのぬるま湯で入るのがオススメです。

タオルで顔を強く拭く

お風呂の後や洗顔後についつい顔をタオルでゴシゴシと拭いてしまうことがありますよね。特にナイロンタオルで顔をゴシゴシすると、肌を傷つけてしまい乾燥肌になりやすくなります。

タオルで顔を拭くときは柔らかいタオルで顔をポンポンと押し付けるように拭くことが良いです。肌を刺激しないようにすることで、乾燥肌を防ぐことができます。

エアコンを長時間つける

エアコンを長時間付けていると、部屋の空気の湿度がどんどん下がりカラカラになります。部屋が乾燥してしまうと、肌から水分が奪われてしまい、乾燥肌の原因になってしまいます。

寝るときにエアコンをずっと付けている人はタイマーをセットして寝るようにしましょう。また、部屋に加湿器や濡れタオルなど奥ことで部屋の乾燥を軽減することができます。

加湿器を使わない

部屋に加湿器がない人は肌がとても乾燥しやすいです。エアコンなどの暖房により部屋が乾燥してしまうので、加湿器で乾燥を防ぎましょう。

乾燥を防ぐだけでも肌へのダメージを減らすことができますので、オススメの方法です。

乾燥肌対策のおすすめケアや保湿

乾燥肌対策のおすすめケアや保湿

冬の乾燥肌を防ぐための対策や保湿方法についてご紹介していきます。家でも簡単にできる方法を集めましたので、実践して乾燥肌を無くしていきましょう。

お風呂や洗顔の後に化粧水を使う

肌を保湿するための一歩としてお風呂や洗顔の後は化粧水を使うようにしましょう。

お風呂に入ったあとはスキンケアローションを使う

お風呂で身体を洗うと、潤いに必要な皮脂成分が落ちている場合があります。皮脂成分が落ちてしまうと、潤いを保てなくなり肌が乾燥します。

肌が乾燥してしまうと、皮膚のバリアも弱まってしまうのでお風呂から上がった後は保湿成分のあるローションや乳液を使うようにしましょう。

加湿器を使う

部屋の乾燥は肌の天敵です。加湿器を使うことで部屋の湿度を保つことができます。ただ、乾燥肌を根本的に治すものではなく、あくまでも部屋の湿度を低くしないものと認識をしておきましょう。

家に加湿器がない場合は濡れタオルで代用することもできます。

睡眠

睡眠不足になると成長ホルモンが分泌されにくくなり、肌の修復機能が低くなります。成長ホルモンが一番分泌される時間は就寝後3時間です。

また、午後22時から午前2時は肌のゴールデンタイムと呼ばれており、この時間に睡眠をすることが肌を活性化させ美容にとても良いです。

水分を摂る

冬はあまり喉が乾かないことが多く、水分をついつい摂らない女性も多くいます。一気に水分を摂るのではなく、乾燥肌の対策として水分をこまめに摂ることで潤いを保つこともできます。

ただし、冷たい飲み物やカフェインの多いコーヒーのような飲み物は避けましょう。常温か温かい飲み物を飲みましょう。

乾燥肌に効果的な食べ物

乾燥肌に効果的な食べ物

乾燥肌の対策は保湿や加湿器、睡眠などたくさんの方法があるのですが、それ以外に食べ物で改善する方法もあります。化粧牛やローションなど外から対策するだけでなく、身体の内側から対策をすることもできます。

今回は冬の乾燥肌にオススメな食材をご紹介していきます。

乳製品

乳製品は牛乳やヨーグルトなどの食べ物です。乳製品はビタミンBとタンパク質が含まれています。ビタミンBは肌の新陳代謝を促し、肌を綺麗に保つために必要な栄養素です。

タンパク質は肌を構成するための成分で、タンパク質が不足すると肌のツヤが無くなっていきます。手軽に食べることのできるヨーグルトは朝食にオススメです。

ヨーグルトは肌だけでなく、胃腸の調子も整えてくれるのでオススメの食べ物です。

大豆製品

大豆は畑の肉と呼ばれるくらいタンパク質が豊富な食べ物です。タンパク質を摂取することで肌のツヤがよくなります。またイソブラホンが含まれており、女性ホルモンと同じ働きをします。

大豆製品で気軽に食べることができる納豆がオススメです。目安量として納豆1パックを1日に一回食べてみましょう。

お肉にはビタミンB2が多く含まれており肌の新陳代謝を促してくれます。ビタミンB2は乾燥肌だけでなく肌荒れ予防もできるのでオススメの食材です。

お肉なら炒め物で気軽におかずとして料理ができます。

魚はよく身体に良いと聞きますよね。実際にビタミンB2やビタミンB6が含まれており、肌の新陳代謝を整えるだけでなく、ニキビなどの吹き出物にも効果があります。

特にマグロ、カツオ、サケ、サバに多く含まれます。お寿司や焼き魚でよく食べる魚なので、週に1回は食べてみましょう。

卵にはビタミンAとビタミンB2が多く含まれています。ビタミンAは皮膚の粘膜を保護し肌を健康に保つための栄養素です。またタンパク質も豊富なので肌荒れ予防にも効果的です。

卵自体が栄養素が高い食材なので、卵料理を一品加えるだけでも肌の調子を整えることができます。

野菜・果物・種子類

野菜には主にビタミンA、ビタミンC、ビタミンEが含まれます。身体の免疫力を高めるとともに、肌の抵抗力を高め乾燥肌の予防につながります。

ビタミンAを多く含む野菜はほうれん草、小松菜、にんじん、かぼちゃです。ビタミンCを多く含む食材はブロッコリー、菜の花、オレンジなどです。ビタミンE多く含む食材はごま、アーモンド、ピーナッツなどです。

乾燥肌におすすめの美容液

乾燥肌におすすめな美容液と化粧水

冬は肌が乾燥して荒れてしまう時期ですよね。特に敏感肌の人は肌のバリア機能が低下しているので、肌へのダメージがとても大きいです。

そんな敏感肌の女性にぴったりの美容液があります。それは「ラ・ミューテ」です。

肌本来のバリア機能やハリを高めるだけでなく、天然由来の成分でお肌の潤いを取り戻します。

更に、生理や出産で乱れがちな女性ホルモンのバランスのケアを肌の内側からアプローチすることができます。敏感肌に優しいだけじゃない。使うほどに、肌が強くなる のがラ・ミューテの一番の特徴です。

まとめ

冬の乾燥肌は季節の原因だけでなく、普段の生活習慣や食習慣から肌の乾燥につながります。毎日の部屋の湿度をチェックしたり、お風呂や洗顔後の顔のケア、食習慣を気をつけることがとても大事です。

普段の生活を見直した上で、きちんと化粧水や美容液を使っていけば、冬でも肌はぷるんと保つこちができます。

-スポンサー広告-