【永久保存版】男性を傷つけずに上手にデートを断る理由や方法を伝授

平日のおすすめデートは注意点がある 恋活

デートのお誘いをされること自体はイヤではないけれど、さすがに行きたくないと思う時もありますよね。といっても断る理由もないし無下に相手を傷つけるのも気が引けるしどうしたらいいか困ったことはありませんか。

相手を傷つけずにうまく断る理由を考えるのも一苦労ですよね。こんなとき上手な断り方を知りたくはないですか?

今回はそんなときのためにデートを断る理由に使える例を紹介したいと思います。

デートの上手な断り方のポイント

早速ですがデートの上手な断り方ってどんなのがあるのでしょうか。実際、相手をきずつけなようにするにはどうしいたらいいか困ることは何度かあったかもしれません。

ここではデートを断るのにするべきポイントを4つ紹介したいと思います。

『○○だから忙しい』という言葉は基本NG!

デートを断る理由に忙しいはNG

デートに断ることによく使ってしまう『○○だから忙しい』という言葉ですが、これを使うのはやめた方が良いです。

『その日は仕事だから忙しい』

『予定が全部埋まって忙しいから無理かな』

このように言ってしまうと『なら別の日は?』と別の切り口で誘ってくるからです。仮に長期間だとしても『忙しくなければ大丈夫』と勘違いさせてしまいます。

なので、『忙しい』といって断ろうとするのはやめましょう。

断るデートを理由を相手ではなく他にあることを伝える

デートを断る理由を他に何かあることを伝える

相手を傷つけない方法の一つに、デートを断る理由は、相手のことではなく他にあることを伝えるようにするという方法があります。1番良い方法は彼氏がいる事をほのめかすことです。

相手に恋人がいるとわかれば、たいていの男性はこの後にデートのお誘いをすることはないでしょう。

LINEで断るならある一言を添える

LINEでデートを断るなら感謝や謝罪を入れる

LINEやSNSで断る時は、表情や声のトーンはなかなか伝わりません。特にお断りの連絡はキツイ印象になりがちです。

なので、デートの断りをするときは普通に断るだけではなく、誘ってくれたことに対して感謝や断ることに対して謝罪の言葉を添えるようにするのもいいでしょう。

『誘ってくれてありがとう』

『せっかく誘ってくれたのにごめんなさい』

このように一言添えてその後にはっきりと断るようにしましょう。『感謝の気持ちを伝えることで、脈ありだと勘違いされるかもしれない・・・』と心配する女性も多いかもしれませんがはっきりと断れば問題ありません。

むしろこうすることで礼儀正しい女性と判断し、男性は『相手を困らせたくない』と思うようになりますので今後しつこく誘われることはないでしょう。

とげとげしい言い方はしない

デートを断る時にとげとげした言葉を使わない

デートを断るのにはっきり言う事は確かに重要です。

『あなたとは無理です』

『あなたに使う時間がもったいない』

このような言い方では相手の男性に反感を買ってしまうリスクがあるのでおすすめしません。

反感を買うという事は人によっては何か自分にとって良くないことをされて嫌なことに巻き込まれてしまうことも十分にあり得ます。

断り方で効果的な言葉

先ほどはデートを断ることにおいて注意すべきポイントを紹介してきましたが、ポイントだけではなくある言葉を言うだけでもかなり相手の対応も変わってきますので次は断るのに効果的な言葉を紹介したいと思います。

敢えてあいまいな返事をする

デートを断る時に敢えてあいまいな返事をする

デート誘ってきた相手が会社関係といった人ならば、『ごめんなさい!その日はまだわからないんです!』といったように曖昧な返事をするのが良いかもしれません。

確かにはっきり言った方がいいのも事実ですが、これが会社の人となると今後の対応に困ったりしますよね。なので、そういった時はこうすることが良いかもしれません。

家族を大切にしている

デートを断る理由は家族を大切にするから

あなたのことをよく知らない男性からデートに誘われた時に、家族を理由にしましょう。家族を大切にしている女性は印象は良いですが、度が過ぎると引かれるもとになります。

『男性と出かける時はお父さんの許可をもらわないといけないの』

と言ったように、過保護な印象を与える事がいいでしょう。実際、お父さんの許可が必要と言われると大抵の男性は引いてしまい、二度と誘おうとは思わないでしょう。

みんなで行こうと言う

デートを断る時みんなで会おうという

『では、みんなで行きましょう!』

『みんなと言ったほうが楽しいと思いますよ!』

男性から誘われる度に周りの人たちを巻きこんでいくようにする方法です。『あなたと行きたい』と言われてもあくまでも『みんなで』という事を貫いていきましょう。

元々二人で行こうとしてるのに、これをかなりされると男性の方もかなり面倒になってきて誘わなくなります。

冗談にする

デートを断る時に冗談ということにする

特に友達の男性や、デートをするなんてありえないと思う男性に対しては誘い自体を『冗談』というようにするという方法です。

『また冗談だよねー』

『ほんと冗談が好きだねー』

何を言われても男の誘いをすべて冗談という事にしてしまう方法です。男性は誘いを本気と受け取ってらえないとつい引っ込みがつかずに『そう、冗談だよ』と言ってしまうものです。

いくら誘っても冗談としか受け取ってもらえないと、男性は諦めていくでしょう。

職場の男性や気に入らない男性からのデートを断る方法

職場では恋愛に発展しやすい環境ですし、あまりタイプでない男性からデートに誘われることもありますよね。そんな時に使えるデートの断り方をご紹介します。

仕事が忙しいと言う

デートを断る時は仕事が忙しいと言う

遠回しにデートを断る方法の一つですが、仕事が忙しいと伝えることでデートする時間もないとアピールをすることができます。男性からはいつ空いているかと聞かれることがありますが、どの日も仕事の予定があると伝えてみましょう。

仕事が忙しく休みの日は家でゆっくりとしたいと伝えるのも良い方法です。仕事を理由に断っていれば、大抵の男性は自分に気がないと察してくれます。

好きな人がいると伝える

デートを断る時は好きな人がいると伝える

他に好きな人がいると伝えることはとても効果的な方法です。好きな人がいると言われると、相手の男性は驚きとショックを受けます。

誰が好きなのかと聞かれることもありますが、あなたに話す必要はないと言えば、相手の男性のほとんどは引き下がります。職場の男性や気に入らない男性を遠ざけるたいなら、好きな人がいると伝えてみましょう。

正直にタイプでないと伝える

デートを断る時は正直に伝える

ストレートにタイプではないと伝えることはとても勇気が必要で、難しい方法です。今、あなたが思っていることや考えていることをはっきりと言えば、相手の男性は諦めます。

気になる男性からのデートを上手に断る方法

気になる男性からデート誘ってくれたのに、他の用事があって行けないから困ってしまうことはありませんか?デートを断って次のデートのチャンスを無くしたくはありません。

デート断る時の一番の良い方法は代替案を出すことです。

・次の日曜日なら時間が取れるのですが、どうでしょうか?

・その日は本当に用事があって行けないんです。一緒に行きたいんので日程の調整をすることはできますか?

デートの日を変えてもらうという理由で断ることで、恋のチャンスを潰さずに済みます。スケジュールを調整することで、相手の男性からデートの日を一緒に決めてくれるようになります。

NGなデートの断り方

ここまではデートの断り方について話してきましたが、やはり断り方にも注意しないといけないことがあります。そこでここでは断るときに男性を傷つけてしまう言葉を紹介したいと思います。

これらはしてはいけませんよ!

ドタキャン

NGなデートの断り方はドタキャンすること

これはデートに限らずやってはいけないことですが当日、デートに気が乗らない時もあります。

『ごめん!今日急な用事が入っちゃっていけなくなっちゃった・・・』

『今日は体調が優れなくて・・・・』

いろいろな理由を付けてデートをドタキャンしてしまうことを一度はあるのかもしれません。

しかし、一旦相手の男性に期待させておいて、気が変わって軽い気持ちで断ってしまう行為は男性をとてもがっかりさせてしまいます。逆にあなたが楽しみにしていたのにドタキャンされたら悲しいですよね。

ドタキャンするくらいなら最初から円満な方法で断る方がいいでしょう。

返事を無視する

NGなデートの断り方は無視すること

デートで断るのが面倒だと思う事はあるかもしれません。LINEやメールでデートのお誘いをうけれ断るのも面倒だしスルーしようと思う気持ちもあるのかもしれません。

しかし、LINEであろうが何であろうが勇気が要ることなんですよ。なのに勇気を振り絞ってメールをしたのにいつまでたっても返信がないとショックですよね。

また、『LINEの返事をしない→断われた』と考える人のほかにも『LINEの返事をしない→まだ可能性が残っている』と解釈する男性がいます。なので自分の気持ちを察してくれ、と考えずに礼儀として断るようにしましょう。

理由を問う

NGなデートの断り方は理由を聞く

デートを誘う時に『なんで?』と言ったようにっ理由を聞かれると『デートの誘いに理由なんているの?』と言った意見もあるので会話が続かなくなり終了させるのも出来てしまうような言葉になっています。

勇気を出してさそったのに、こういった返事をされると男性も頭が真っ白になるでしょう。

メリットを聞く

デートをするメリットを聞く

デートを誘うにも『メリット』という言葉は使わないでしょう。ビジネスライクに答える断り文句です。

実際、メリットを聞かれるようなことがあれば、相手はどう答えたらいいかわからなくなるでしょう。メリットは聞き出すものではなく自分で感じ取るようにした方がいいかもしれません。

まとめ

デートを断るにしても後々、問題にならないために相手を傷つけずにデートの誘いを断る方法を紹介しました。

何をするにしても最適の方法があるのは事実です。相手を傷つけずに断ることで相手を傷つけるだけではなく、自分の身を守ることにつながりますのでこの記事を見ていくようにしましょう。

-スポンサー広告-