片思いの悩みはここで終わり!両想いになるための恋愛法9選

片思いを成就 恋活

恋愛に悩み事がつきものです。ましてや片思いとなると思い悩むことなんてたくさんあります。『この恋はうまくいくの?』『どうすれば彼に好意が伝わるの?』。数えたらキリがないかもしれませんね。

このつらい思いをはやくなんとかしたい!と思う人はたくさんいると思います。では恋する人たちはどんなことを悩んでいるのでしょうか。今回はそんな片思いの恋愛の悩みごとについて話していきたいと思います。

片思いでよくある恋の悩み

悩みごとがあるとは言いましたが具体的にどういった悩みがあるのでしょうか。ここでたくさんの人たちが感じた悩みについて4つ話したいと思います。

好きな人にも好きな人がいる

好きな男性にも好きな女性がいる

これはいきなりつらいことなのですが、こういうことは悲しいことに起こることはありえることです。自分の気持ちを伝えたいけれど、両思いにはなれないのかな、と悩みますよね。

こういうときどうすればいいか悩みますよね。それについてはあとの方で紹介したいと思います。

好きな人に恋人がいる場合

好きな人には恋人がいた

好きな人ができたけれど、相手には恋人がいた・・・。と分かった時、これはかなりつらいですよね・・・。しかし、その好きな人が既婚者でない限りあきらめる必要はありません。

それどころか驚くことかもしれませんが、恋人がいた方が恋愛が成就しやすくなります。だから好きな人に恋人がいてもあきらめないことが大事です。

友達の好きな人を好きになってしまった

友達の好きな人を好きになってしまった

あなたの友達の好きな人と仲が良かったりするとこれも結構起こってしまうものですが、かなり難しいですよね。

好かれる人というのはやはり魅力がある人なので、その魅力に気づくのは自分だけとは限りません。自分がその人の魅力を感じたように、その人の魅力に気づいて好きになってしまった人が他にいたっておかしくないのです。

しかも、それが友達にバレると気まずくますかもしれません。下手すると友情にヒビが入ってしまうかもしれません。

どのようにアプローチしていいかわからない

どうアプローチして良いかわからない

受け身で対応してきた女性はこのように考える女性は多いかもしれません。好きな人と連絡は取れたとしてもアプローチが出来ないのはつらいですよね。

確かに相手にアプローチをすることは緊張しますよね。でも連絡手段があるのにコンタクトを取らないなんてもったいないです!ここが正念場ではないでしょうか。

話す機会がない

話すタイミングがない

『気になるあの人と話してみたい』と考えても、なかなか話す機会がない・・・。タイミングをつかめないまま日だけが過ぎていく。

そして片思いで終わってしまったという事がよくありますよね。受け身だとタイミングはつかめないですよ。ましてや片思いだと自分から行かないとチャンスはつかめません。

ここは勇気を出す正念場ですよ!

恋の悩みである片思いを解決する方法

つらい片思いから解放されたい!そう思いませんか?ここまでは片思いの悩みや気を付ける事について話してきましたが、解決させる方法について反していきたいと思います。

1人でも楽しいことを見つけるようにする

1人でも楽しめるようにする

『彼氏がいないと幸せになれない』なんて思わずに、1人でも楽しいことをどんどん見つけちゃいましょう。『自分はこれが好き』と思えるものをたくさん探して、その世界にどっぷり浸かってみましょう。

振り向いてくれない人を追いかけない

振り向いてくれないなら追いかけない

『さんざん気をひくそぶりをしてみたけど、さっぱり。』ため息がでちゃいますよね。

でも、振り向いてくれない人を追いかけるのはNGです。なんだか惨めに感じちゃいますよね。『私の魅力に気が付かないなんて、おバカさんだわ』と思っていましょう。

もしかしたら急にアプローチしてこなくなると今度は逆に相手があなたのことを追いかけるようになるかもしれません。

出会い系アプリで彼氏候補を見つける

片思いで自分のことをなかなか振り向いてくれないと感じたら、出会い系アプリを使うことも一つの手です。出会い系アプリは怖いイメージがあるかもしれませんが、管理がしっかりしており、安心して使うことができるアプリもあります。

出会い系アプリは利用者数が多く、真剣に恋愛をしたい人が集まっていますので、アプリ登録をして彼氏を作りにいくのもオススメです。

彼は恋人候補の一人と考える

一人に絞らずに行く

片想い中は気が多くても大丈夫です。『彼じゃないとダメ』と考えて彼1人にターゲットを絞りこまないでいろんな人をウォッチングしちゃいましょう。彼は恋人候補の1人と考えて、思いつめすぎないようにしましょう。

思いつめてしまうと余裕がなくなって暴走してしまうもとになってしまいます。

追いかけない

片思い中の相手を追いかけない

片思いとなるとうまくいかなかったり、悩んだりしてつらい気持ちになってしまいます。しかし、それでますます自分を追い込んでもいいことなんてありません。どんどん悪い方向に進んでしまいます。

ここで思いだしてほしいのが恋愛は悩むものではなく楽しむことだという事です。そういうときこそ『こんなに悩んで暗くなっている人を好きになる人なんているのかな』と考えてみてください。

男性に限らず女性もそうですが、人は元気で明るい人に魅力を感じるのではないでしょうか?というわけで今回限りでやめて、明るくするようにしましょう。

相談する

友達と相談する

悩んでいるときこそ友達に相談することも大事です。信頼できる友達に相談すればきっと真剣に考えてくれるはずです。

片思いとなると自分の思い通りにならなくてつらく苦しいことがあると思いますが、相談することで自分の気持ちを整理できたり、友達から励ましの言葉をもらうことができたりして元気ももらうことができます。

もし、1人でつらい日が続くなら友達に相談してしましょう。片思いから逆転できるチャンスを作ることもできます。

片思いから両思いになるためには

悩みや解決策についていろいろ話してきましたがやはり片思いをしている以上、両想いになるのが理想ですよね。そのためにすべきことを4つ紹介したいと思います。

好きな男性に積極的に話しかける

積極的に話しかける

先ほどはアプローチのし過ぎは良くないという事を話しましたが、ここではマメさを重視しましょう。マメに何度も顔を合わせたり何度も話をしたほうが恋愛はうまくいきます。

人は何度も会っている人や、何度も顔を合わせて会話している人に好感を抱きます。ですので、マメに話しかけるようにしましょう。1回の会話時間の長さよりも、最初は回数が肝心です。

好きな男性に少しだけ特別感を演出する

好きな男性には特別感を出す

例えば、職場で好きな人ができた場合には、少しだけ特別感を作っていきましょう。

付箋を渡すときには文字をキレイにしつつ、会社で支給される付箋ではなくてかわいい付箋を買ってそれで彼に伝言を残すといったように、少しだけ特別感を演出することが大事です。

男性は特別感を出されると、相手のことを気にするようになります。

口に出して照れたり恥ずかしがったりする

恥ずかしがったりする

男性はいじり甲斐のある女性と接するのが好きです。ではどういう女性がいじりやすいのでしょうか。それは恥じらいや照れを口に出して言う人です。

つまり、恥ずかしがっていることを口に出す女性は『いじりやすい』ので、男性からすると『いじる』という形でコミュニケーションのきっかけを作りやすいのです。

男性にとっては『いじることでどんどん仲よくなれる』という風に感じてもらえますし、恥ずかしがることや照れることは男性から見て『かわいい』と思える仕草なので、どんどん距離は縮まっていきます。試してみる価値は大いにありますよ!

好きな男性の名前を呼ぶ

名前で呼んでみる

『おはよう』というのと『おはよう、○○君』というのとでは、相手に伝わる印象も全然ちがってきます。相手の名前をしっかり言うことで意識してもらうことができるので、相手の名前は呼ぶようにしましょう。

関係が浅いと苗字で呼んでしまうのが自然ですが、ここで名前で呼ぶことで相手の印象は大きく変わってきます。相手の名前を会話の中で取り入れるようにすることで自然と呼べるようになるはずです。

片思いに思い悩んでいるときに気を付けたいポイント

片思いでの悩みごとついて話してましたが、悩んでいるときにミスをやってしまい最悪、その恋が終わってしまう・・・。ということもありえるかもしれません。なので、ここではそうならないために気を付けるポイントを4つ紹介したいと思います。

必要以上に連絡を取ってしまう

過剰に連絡を取ってしまう

片思いだと好きな相手と連絡したくなるということは自然なことではないでしょうか。LINEや電話といった連絡のとりかたはこの時代、いくらでもありますよね。

しかし、何事にもやりすぎは禁物です。二人の距離を縮めようと試みるあまりに焦りすぎていませんか?あまりに頻繁にアプローチしすぎると相手がうっとうしく感じてしまうでしょう。

片思いを実らせたいのなら、返信の速度などを相手に合わせるということも大切ですよ!

はりきりすぎて空回りしてしまう

張り切りすぎてからまわりしてしまう

好きな人に良く思われたいという気持ちは誰にでもあることです。しかし、その気持ちが強すぎると空回りしてしまうこともあります。

オシャレを頑張ったつもりが男受けの良くない服装にしてしまったり、本人を前にして緊張しすぎて自分のことばかり話してしまうといったミスもある可能性は十分にあるでしょう。こういった一方的なアプローチは相手に引かれてしまいます。

余裕のなさは命取りになります。アプローチをするときは一呼吸おいてから『相手にとって自分はどう映る』のか余裕を持って判断しましょう。

相手の気をひかせようとして失敗する

相手の気を引かせようと必死になる

やきもちを焼かせたくてわざと相手の気をひかせようとするという古典的なアプローチですが、相手によっては今の片思いが終わってしまうこともあり得ます。

好きな人が自分からぐいぐい引っ張っていくタイプや自信満々で女慣れしているタイプなら大丈夫かもしれませんが、独占欲が強い男性だと付き合う人の男の影に敏感です。また草食系男子だとなおさら近づこうとしないでしょう。

アプローチの仕方を間違えて、その恋が終わってしまうとかなりもったいないですよね。

警戒心を感じさせてしまう

警戒心を感じさせてしまう

好きな気持ちが強すぎる!だからと言ってあからさまにしすぎるのはNGです。好き好きアピールや露骨なアプローチをしすぎると好きな相手の立場が気まずくなるかもしれません。

それによって警戒されてしまう、となってしまうとその恋は実らなくなってしまうでしょう。

まとめ

今回は片思いをしている女性がどうしたらいいか、を紹介してきました。こう見るとつらい気持ちも少しは和らげることはできるのではないでしょうか。

つらい思いをしたままで動かないといつまで経っても変わることはないです。この記事を読んだら早速行動に移してみましょう。そうすればあなたの片思いは実るでしょう。

-スポンサー広告-