男性からの告白を上手に断る方法とは?コツやポイントを解説!

告白の上手な断り方 告白

男友達から告白されたときに傷つけず上手に断る方法が気になる人は多いです。友達としてこれからも仲良くしたい、気まずくなりたくないなどの心配もありますよね。

今回は、ベストな返事の仕方と絶対、言ってはいけないNG言葉を紹介します。断った後の関係も良好に保つためにも、上手に返事しましょう。

告白をどう断るかで相手との今後の関係も変わる

告白を断る時の言葉の言い方によっては、相手を傷つけてしまったり、気まずくなって話しにくくなる場合があります。また、相手が気持ちを整理できるまで、距離を取ることもあります。

今後の関係が良好になるかはあなたが「どう返事するか」によって変わります。そのため、上手な断り方を身につける必要があります。

男性からの告白を上手に断る方法

男性から告白をされたらどのように断ればいいのか迷いますよね。これから付き合っても大丈夫なのか、気持ちは嬉しいけど断りたいと考えている。

自分と相手の立場や状況を考えながら告白を断ることは難しいですが、今後の関係性を作るものになるので断り方をしっかりとマスターすることが大切です。

告白された直後に断る時

男性から告白を断る時はなるべく早く返事をしましょう。

告白の返事の期間が長くなってしまうと、相手に期待をさせてしまいます。「ちょっと考えさえてくれるかな」などの返事をしてしまうと、相手は脈アリなのではないかと思うようになるからです。

また、告白の返事は直接する方が良いです。すぐに直接断ることによって関係をはっきりとさせることができます。

告白されたらすぐに返事ができない場合は期限を作りましょう。「明日には返事をするね」のように相手に言えば、自然に告白の返事も早くなります。

友達からの紹介の男性の告白を断る時

友達の紹介で男性とデートをしたり、告白をされることがありますよね。しかし、タイプではなくてお付き合いをすることはできないと思ったら告白の返事に困りますよね。

友達の紹介からの断り方としては、3パターンあります。

・他に好きな人がいる

・今は仕事や趣味が忙しく充実している

・友達止まりにする

嘘でも構わないので、相手に好意はないとアピールすることが大切です。

彼氏がいるのに告白をされた時の断り方

彼氏がいるにも関わらず告白をされたらキッパリと断りましょう。

正直に話すことで相手もすぐに諦めてくれます。逆に彼氏がいることを隠したり、彼氏がいるのに返事に戸惑うと相手の男性は付き合うチャンスを狙います。

断ることは相手を傷つけてしまうかもしれないですが、しっかりと伝えることで告白の返事もスムーズにすることができます。

告白を上手に断るセリフ

告白の上手な断り方のセリフ

告白を上手に断るセリフについて紹介します。

確認しましょう。

1.「今までの関係でいたいかな」

これまで一緒に過ごしてきた時間は楽しくても恋愛対象にはならない場合に断るセリフとして最適です。

今の関係を続けたいという意味なので告白相手も傷つくことなく素直に受け止めてくれます。

2.「気持ちは嬉しいけど」

告白を断る時に、気持ちは嬉しいけどと初めに言うことで男性の気持ちを受け取った上での答えだと示せます。

そのため、考えた上で断られたと感じさせ、ハッキリ諦めさせやすいです。

3.「伝えてくれてありがとう、でも…」

まずは勇気をだして告白してくれた彼に感謝の一言を述べた後に、断る理由を言いましょう。

ただ断るだけでなく、一度相手を認めてあげることがポイントです。

4.「今は誰とも付き合う気がない」

断る理由を相手のせいではなく、自分のせいにして傷つけさせない方法です。

好きじゃない男性からの告白に対してこう言えばきっぱりと諦めてくれます。

5.「今は彼氏を作る気がないの」

あなたのことが嫌いで断るわけではないと伝わるので、相手を傷つけずに告白を断れます。

ただし、今は彼氏を作る気がないと言っていたのにすぐに他の人と付き合うと、相手を不快な気持ちにさせてしまうため注意しましょう。

6.「仕事に集中したいの」

告白を断る際に、一生懸命頑張りたいことがあるから恋愛自体をする気がないと言いましょう。

相手はそんなあなたを応援したくなるので傷つけずに済みます。

7.「今後も信頼できる友達でいたい」

告白を断る時に友達とハッキリ言うことで男性も前に進みやすくなります。

少しの間は気まずいかもしれませんが、時間がたてばまた仲良くなれます。

友達としてお互いに信頼し成長できるいい関係になるでしょう。

8.「私よりももっといい人がいるよ」

告白を断る際に私よりもいい人がいっぱいいると伝えると、相手が自分を否定されたと思わずに済みます。

ただし、この断り方だとあなたがいいと言われてしまう可能性もあるため、そんな時は今は、仕事に集中したいと言うなど他の断り方と組み合わせましょう。

9.「これまでと同じようにまたご飯でも行こう」

告白を断る際にこれまでと同じようにと前置きすることで、これ以上はなくてもこれからも一緒に過ごしたいという気持ちが伝わります。

これ以上ないという気持ちがわかっているからこそ気をつかわない仲でいられます。

ご飯やカフェやランチなど具体的に言うことで、次の行動に移りやすくなります。

10.「もしよかったら…」

告白を断る際にこちらからしたいことを提案してみることで、相手にこれからも友達ではいれると伝わります。

その上、これをを言うことで友達でいるかを相手側が決められます。

好きな女性からそう言われたら一緒にいたいと思えるので、心を傷つけずに良好な関係を築きやすいです。

告白を断る際のNGセリフ

男性から告白を断るときのNG言葉

告白を断る際にNGなセリフについてまとめました。

確認しましょう。

1.「ごめんなさい。」だけ

断る際に謝るだけで済ますのはNGです。相手は謝られるために告白したのではありません。

そして、ごめんなさいで終わると雰囲気も悪くなるので避けましょう。

仮に好きじゃなくても、勇気を出して告白してくれた男性にはありがとうと伝えたり、これからも仲良くしたいと言うなど一言つけ加えましょう。

2.「他に好きな人がいるの」

告白の返事で急に好きな人がいると言われると相手もビックリしてしまい、その場でどんな言葉を返すかですら困ってしまいます。

この一言だけ言われるのは相手からするとかなりショックが大きいです。

断る際は、必要以上に傷つける言葉は避けましょう。

3.「彼氏としてみれない」

友達としては良いけど、彼氏にするのは違う場合もありますよね。

しかし、人は否定的に言われると傷つきます。

なので、告白を断る時にわざわざ彼氏としてみれないと言うのはNGです。

4.「無理。」

断る時に、無理とか気持ち悪いなどの相手を根本から否定する言葉で傷つけないようにしましょう

もしも嫌いな相手からの告白だったとしても必ず理性的に向き合ってください。

余計なことを言わないように、オブラートに包んで返事をしましょう。

5.「タイプじゃないの。」

告白を断るセリフとしてはハッキリ言いすぎです。

タイプじゃないなら友達としても仲良くできないと思われるため、関係を良好に続けたいなら言わないようにしましょう。

まとめ

仲の良い友達関係なら、告白されてもオブラートに包みつつ明確に断ることで相手を傷つけず素直に受け止めてもらえます。

なるべく未練が残らないように断ってあげる方が、男性も前に進みやすいです。

告白を断った後は、いつもと変わらない言葉がけやふるまいで自然に話しかけましょう。

-スポンサー広告-