告白したら「考えさせて」との返事。保留期間後、OKの可能性は?

告白を保留にされるのはなぜ?okの可能性はどのくらい? オススメ

【3】保留期間中にデートするのはあり?

保留期間も、タイプは様々。数日程度の短いものもあれば、いつ答えが出るかわからないような長いものもあります。

答えを待つ身としては少しでも印象を上げたいものですが、果たして保留期間中のデートはどうなのでしょうか?

こんな場合は保留期間中でもデートok

 1.前から約束していた

保留期間中にデートに誘ってもいい?

告白の前から水族館や遊園地に行くなどの約束を取り付けてあったデートは、、相手が嫌がりさえしなければ問題ないでしょう。
ただし、デートの時に答えを急かしてはなりません。

 2.相手から誘ってきた

告白の返事を待つのは長い

当たり前ですが、相手から誘ってくれた場合は問題ありません。むしろ、チャンスかもしれません。あなたのことを知りたいと思ってくれているようですから、誠実な態度を心がけましょう。

 3.保留期間が長い

告白の答えが知りたい

相手の態度がはっきりせず、長期戦になるような場合にはデートに誘っても良いでしょう。相手の気持ちが動くきっかけになるかもしれません。ここで動かない理由はないです。

返事を待っている間、こんなデートはNG

 1.自分から強引に誘う

脈あり?脈なし?診断したい

アピールをしたいばかりに、無理にデートに誘うのはご法度です。押せば押すほど相手に引かれてしまいます。

 2.相手が乗り気じゃない

失恋はしたくない

デートに誘っても相手があまり乗り気でないように感じたら、つらい気持ちはわかりますがここは潔く引き下がりましょう。
気持ちを汲んでくれない人に魅力は感じないものです。

【4】返事を待つ間、してはいけないNG行動

告白の返事を待つ間は非常に不安ですが、行動次第では相手の返答に大きな影響を及ぼします。絶対にしてはならないNG行動は、以下の通りです。

1.返答を急かす

告白の返事が遅い

不安な気持ちはわかりますが、相手に返事を催促する行為はNGです。あまりにも不安に耐えられそうになければ、あらかじめ返事が欲しい期間を伝えておきましょう。

ただし、これは自分で可能性を狭める行為でもあるので、なるべく期間は長くとったほうが良いでしょう。

2.自分を悲劇の主人公のように考える

告白に返事が無い

不安に押しつぶされ、はっきりしない相手を責めるようなことがあってはなりません。何があっても相手に危害を加えてはいけません。

気持ちを伝えるのはこちらの勝手だということを忘れずに、人のせいにする思考は捨てましょう。

3.相手の都合を考えずにアピール

告白の保留後返事が無い

相手にまだ付き合っている人がいるのに強引にモーションをかけたり、断られているのにしつこく付きまとったりするのはただの迷惑行為です。
人の都合を思いやれないようでは、恋愛どころか友人としても対象外になってしまいます。

≪次ページ:保留期間の不安への対処法と返事をもらった後について≫

-スポンサー広告-