電話で告白が成功するポイントとは?電話のメリットや注意点を解説

電話で告白が成功するポイントとは?電話のメリットや注意点を解説 告白

気になる彼に告白をしたいけれど、直接会って言うのはとても緊張して恥ずかしいと思ったことはありませんか?直接会うのがダメなら電話で想いを伝えたいと考える女子はたくさんいます。

実際に電話で告白をすることはアリなのかと気になると思います。電話で告白をして成功するのかと気になりますよね。

今回は電話で告白をすることは大丈夫なのかという疑問を解決したいと思います。また、電話で告白する時のポイントや注意点もご紹介します。

告白を電話でするのはアリなの?

告白を電話でするのはアリなの?

告白は対面で伝えるだけでなく、電話でも想いを伝えることはできます。たくさんの告白の方法がある中で電話の告白はアリなのでしょうか?

男性の本音を探ってみました。

電話の告白アリ

電話の告白がアリだと考えている男性の意見を見てみましょう。好意的な意見が多いのが見られました。

新鮮さを感じる

対面でしか告白をされたことがなかったけれど、電話で気持ちを伝えられたのは初めてだった。声だけで告白されるのはすごく新鮮で良かった。

緊張しやすい人ならぴったり

対面では緊張するけど、電話で気持ちを伝えてくれるのは嬉しい。顔が見えない分ドキドキするけど、それはそれで楽しい。

電話の告白はなし

電話の告白はなしと答えた男性も一定数いるようです。電話で告白することがダメな理由を聞いてみました。

直接の方が嬉しい

電話で告白されるのも嬉しいけれど、告白されるなら直接の方がいい。好きになった彼が真面目な性格なら直接会って告白をする方が成功率が高まる可能性があります。

電話はそもそもナシ

電話で告白されるのはそもそもナシだと思います。告白は直接会って言うものだと思っているから。直接の方が本当に気持ちが伝わると思う。

告白を電話でするメリット・デメリット

告白を電話でするメリット・デメリット

好きになった気持ちを電話で彼に告白することにどんなメリットとデメリットがあるのでしょうか?告白は直接言うものだとおもっている人も一度電話でするメリットやデメリットを考えると、恋のアプローチの手段が増えます。

電話の告白のメリット

電話で告白をする場合、自分の声で気持ちを伝えることはできます。LINEやメールの文章で気持ちを伝えるより、本当に想いを込めて伝えることはできます。

また、声だけでやり取りをするので顔が見えない分、気持ちがドキドキすることは間違いないです。対面の告白とはまた違った体験をすることはできます。

電話の告白のデメリット

電話で告白することはLINEやメールで告白することより直接伝えることはできますが、対面で直接想いを伝えることには敵いません。

対面でないので、告白をしても付き合えるかどうかは分かりません。相手によっては電話より対面で告白をする方が成功率が高まるときもあります。

告白を電話でする方がオススメな人やパターン

告白を電話でする方がオススメな人やパターン

対面で告白するのは少し勇気がいるから電話でしたいと思う女子もいます。電話で告白する方が良い人やパターンがあります。電話か対面のどちらで告白をすればいいのか迷っているなら一度確認をして、自分に合った告白の方法を探してみましょう。

対面で告白することが苦手な人

告白をすることはとても緊張しますし、失敗したら気まずいことになりますよね。直接、彼と会って告白することが苦手な人には電話で告白することはオススメです。

直接会って言わない分、準備もしやすいですし、メモを用意すればスムーズに伝えることもできます。

元々、緊張しやすいタイプの人であっても、電話で伝えやすい場合もあります。相手も緊張しやすい人なら電話で告白するのも良い方法です。

まずは電話で気持ちを伝えたい人

何回かデートをしていて、これからも一緒にいたいなと思うときに有効な方法です。まずは自分の気持ちを伝えることで、これからのお互いの関係性をはっきりとさせることができます。

気持ちを伝えた上で、デートの帰り際に直接気持ちを伝えることもできます。一度電話で告白をしている分、気持ちを伝えやすくなります。

また、彼の方から告白をしてもらうチャンスを作ることもできます。彼から告白をさせる作戦にも使うことができますよ。

会えない日が続きそうな時

直接会って告白をしたいけれど、なかなか会えない日が続くなら電話で告白をしてみましょう。電話ならいつでもどこでも自分の想いを伝えることができます。

彼が仕事で忙しい人なら電話で伝えてみましょう。会えない日が続く分、彼の気持ちが薄れる前に自分のものにすることもできます。

告白しても失敗しそうな時

気になる彼と何回かデートしたけれど、彼があまりあなたに興味がないときに使ってみましょう。告白をする時はほぼ成功できると確信を持ったときに行うのが良いのですが、失敗しそうだなという雰囲気がある時はありますよね。

直接会って告白をして失敗したら、お互いにとても気まずいですよね。電話ならその気まずさを減らすことができるのでオススメです。

もし、玉砕覚悟で気持ちを伝えたい時は電話で気持ちを伝えてみましょう。

告白を電話でする時のポイント

告白を電話でする時のポイント

電話で告白をする際のポイントにはどのようなものがあるのでしょうか?告白のポイントを押さえることで告白の成功率を上げることができます。

事前にメモの準備をする

電話で告白をする時はメモを準備をいておくと、スムーズに気持ちを伝えることができます。電話で告白をするから直接会って告白をするよりも緊張をしないのでは思いがちですよね。

いざ電話で告白をするとなった時緊張することはあります。その緊張を和らげるためにメモを準備することが大切になるのです。

電話のタイミングを考える

電話はいつでもどこでもできる便利なものですが、彼と電話するタイミングが合わなければ告白をすることはできません。タイミングによっては彼が忙しい場合もありますし、告白が失敗する時もあります。

告白をするタイミングをしっかりと考えることは告白の成功率を高めることができます。

電話するきっかけを作る

電話をいきなりすると相手が驚いたり、電話に出ないこともあります。相手が電話に出てくれるようなきっかけを作ることが大切です。

告白をしたい時に電話のきっかけを作るのはとても難しいと感じることでしょう。しかし、電話のタイミングは簡単に作ることができます。

・相手にスケジュールを聞いてみる

・LINEで会いたいと言ってみる

・夜に電話をしたいとストレートに伝える

・相談したいことがあると言う

方法はたくさんあるので、少しのきっかけを作ることで告白のチャンスを作ることができます。

デートをする

彼のことが好きだからといって、いきなり告白をしても成功はしません。彼とデートを2、3回行きましょう。デートである程度仲良くなることで、電話をしても不自然じゃない関係を作ることができます。

電話で話しやすい関係をデートで作ることがポイントです。まずは彼と仲良くなることから始めてみましょう。

普段からLINEで連絡をする

普段LINEでやり取りをしない人と電話をすることは少しためらいの気持ちが出てきますよね。何気ない話でもいいですし、デートのお誘いでも構わないので、LINEのやり取りを増やしてみましょう。

共通の話題があれば話しやすくなるので、彼が何に興味があるのか探った上でメッセージを送っていきましょう。電話で告白するための大事な準備になるので、やり取りはこまめにしてみましょう。

好意があるアピールをする

男性は自分に好意があると気付くと、普段より女子のことを意識するようになります。興味のない女の子にはあまり連絡をしないですし、デートにも一緒に行きません。

あなたに興味を持ってもらうには好意があることをアピールすることが大切です。

告白を電話でする時のNGポイント

告白を電話でする時のNGポイント

電話で告白をすることは直接会って気持ちを伝えるより気軽にできる分、注意をしなければいけないポイントもあります。電話で告白をしたいと考えているなら、注意点をしっかりと確認をしておきましょう。

相手があなたに好意がないのに告白をする

対面でも電話でも同じことが言えますが、相手があなたに好意がない時は告白をする段階ではありません。もし、相手に好意がないと感じたのならまずは好意を持ってもらえうように行動を起こしてみましょう。

一緒にデートをする。LINEの連絡頻度を増やす。会話をする頻度を増やす。接点を増やす方法はたくさんあります。

長電話にならないようにする

告白を電話でする時はあまり長電話にならないように心がけましょう。あまり電話が長くなってしまうと、お互いに疲れてしまいますし、相手も面倒だなと感じてしまいます。

目的は告白をして返事を待つことなので、告白でパッと想いを伝えたら電話をすぐに終わるようにしましょう。

電話をする前にかけても良いか確認をする

相手の彼が特に社会人の場合、仕事で電話に出ることができないことがあります。電話をする時はあらかじめ、電話をする時間を決めておきましょう。

マナーの一つでもあるので、確認は忘れないようにすることで好感度が上がります。

まとめ

電話で告白をするときは事前の準備がとても大切です。電話を使うことは告白の一つの手段でもあるので、電話を使うときは相手の彼が受け入れてくれるかチェックをしておきましょう。

告白はとても緊張しますが、恋を進めるための必要なステップなので頑張っていきましょう。

-スポンサー広告-