【女性必見】男性からの告白の返事は直接がいい?それともLINE?

告白の返事は直接? 告白

男性に告白されたとき、あなたは直接返事をしますか?それともLINEでしますか?

今回は返事を直接するのとLINEでするのでどちらが多いのか、また、男性はどちらでして欲しいのかをまとめていきます。

告白を考えている方は是非、最後まで読んでみてください。

1.告白の返事は直接する方がいい?

告白の返事は直接した方がいい?

告白されてすぐに返事を出せるならいいのですが、告白を保留にされた時気になるのが「返事はどうやってするのがベストなの?」という事ですよね。

はっきり言うと、告白をOKする場合も断る場合も直接言った方がよいです。

直接言った方が誠意も伝わりますし、相手にもいい印象を持ってもらえます。

勇気を出して直接告白したのに返事はLINEでだったとなれば、誰でもショックは受けます。

ただ、LINEで返事をしてもよい場合もあるので見ていきましょう。

2.告白の返事は直接とLINEのどちらが多いのか?

告白の返事は直接?LINE?

告白の返事を直接するのとLINEでするのは、正直どっちが多いとかは言い切れません

しかし、場合によってはLINEでする事の方が多いという事もあります。

LINEで返事をする場合に最も多いのが「告白がLINEだった時」ですね。

これは言うまでもありませんが、告白がLINEなら返事もLINEでいいだろうということです。

それと同じで、直接告白をされたから直接返事をすると相手の告白の仕方によって返事の仕方も変わります

3.男性は告白の返事を直接して欲しい?

男性は直接告白の返事をしてくれるのを待っている

女性目線だと、直接返事をしたりLINEで返事をしたりと人それぞれでしたが男性目線だとどうなのでしょう?

やはり、直接言ってほしいと思っている男性が多いように感じます。

先ほど言ったように、LINEで告白してきた彼ならLINEで返事をしても特に気にしないかもしれません。しかし、直接告白してきた彼なら直接返事をしてくれるのを待っているでしょう。

相手の性格やどうやって告白してきたかを考えて、返事の方法を変えてみてください。

返事がOKならもちろんですが、断る場合も直接返事をした方が彼もすっきり諦められるかと思います。

4.告白の返事を直接する時のポイント

告白の返事を直接する時のポイント

シンプルに「よろしくお願いします。」

やはりシンプルに言われた方がわかりやすいですし、微妙な空気にもなりません。

喜びも素直に湧き出てきますよね。

相手の目を見て言えると更に好印象です!

また、きちんと真面目に答えることで誠実さも伝わります。

「告白されて嬉しかった」など感じたことを伝える

告白されてどう思ったのか「嬉しかった」だけでなく、「驚いた」など感じたことを伝えましょう。

先程の「よろしくお願いします。」だけでも良いですが、どのように感じたかを伝えた方が相手にあなたの感じたことが伝わります

良いスタート切れそうですよね。

あなたも彼に好意をもっていることを伝える

告白の返事に「私も好きです。」の一言を入れるか入れないかで、相手の安心感が変わってきます。

彼はあなたの事が好きで告白してきたんです。

返事に「私も好きです。」と言われたら「両想いなんだな」と安心することができます。しかし、言われなければ「とりあえず付き合ってみたのかな?」と不安の残る結果となってしまいます。

本当に好きな時は是非入れてみてください。告白の返事の仕方で今後の関係が上手くいきますよ。

5.告白の返事を直接断るときはどうすればいい?

告白の返事を直接断るときのポイント

好意は嬉しかったことを伝える

ただ断るよりも「気持ちは嬉しいけど」と前置きをすることで、相手を傷つけて終わる事にはならないので意識してみてください。

あなたに告白して良かったと思ってもらえます。

これから先、彼に好きな人ができた時、告白がしやすいように配慮してあげるのも大切ですよ。

理由をきちんと伝える

告白を断るのであれば、きちんと理由を伝えるのも優しさです。

曖昧に断ってしまうと、変に期待をさせてしまい、関係をこじらせてしまいます。

「好きな人がいるから」「タイプじゃないから」「今は誰とも付き合う気がないから」など理由をはっきりと言ってあげましょう。

友達でいたいことを伝える

付き合いたくはないけど、友達関係を壊すのも気が引けるなという人は、「友達でいたい」と伝えてみましょう。

友達のままで、この先も関係を断ち切らなくてよいことを伝えることで相手も気が楽になります。

相手の気持ちが強い場合は、友達のままでいるのは辛いと言われてしまうかもしれませんので必ず成功するとは言い切れません。

6.まとめ

今回は、告白の返事を直接するのかLINEでするのかをお話してきましたがいかがでしたか?

告白の返事はなるべく直接するようにすると誠実さが伝わるので良いですね。

ただ、相手の告白の方法によってはLINEで返事をしてもよい場合もあるので臨機応変に変えていってください。

告白の返事をする時は

・シンプルに「よろしくお願いします。」
・「告白されて嬉しかった」など感じたことを伝える
・あなたも彼に好意をもっていることを伝える

など「シンプルにあなたも好意をもっていることなどを伝える」事を意識してみてください。

告白を断るときは

・好意は嬉しかったことを伝える
・理由をきちんと伝える
・友達のままでいたいことを伝える

など「相手の気持ちになって断る」事を意識してみてください。

-スポンサー広告-