子連れ再婚で幸せをつかむには?シングルマザーの恋活ポイント

シングルマザーが子連れ再婚をするための恋活ポイント 恋活

子連れ再婚、幸せになれる?

現在日本では、100万人を超える女性がシングルマザーとして生きています。毎日を母として奮闘する傍ら、女性としての寂しさを抱える人は多いもの。子どものためにも父親が欲しいと考えるのはごく自然なことですよね。

もしもあなたが“シングルマザーに恋なんてできるわけない”と思い込んでいるのなら、ぜひ考えを改めて頂きたいと思います。シングルマザーであることは、決して不利なことばかりではないのです。

今回は、幸せな子連れ再婚をするためのポイントをお話します。

シングルマザーの魅力と利点

子連れ,再婚,女

ご存知の通り、シングルマザーとして生きることには想像を絶する困難が伴います。

シングルマザーの道を自ら選んだ方の中には、「無責任だ」「子どもがかわいそう」などと心無い言葉を受けたことがある方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、そのような批判に胸を痛め、自らの幸せを放棄する必要はありません。困難を通過するということは、人として成長するということでもあるのです。

シングルマザーの魅力

茨の道を覚悟し乗り越えていこうとする女性には、自分の力で生きようとする強さや、多様性を認められる心の豊かさが身についていきます。守られた環境にあるだけでは得られない人間性の充実こそが、シングルマザーの魅力となるのです。

また、身体的な理由から“子どもを作ることは難しいけれど子どものいる家庭が欲しい”という男性にとっても、シングルマザーの女性は実に魅力的です。

そして何より、シングルマザーと結婚するということは、“子どもごと貴女を愛してくれる人である”ということ。一度は傷ついたあなただからこそ選べる真実の愛が、そこにあるのです。

子連れ再婚に伴う不安

子連れの再婚で女性は不安を伴う

子連れ再婚には嬉しい反面、不安がつきものです。再婚のときにはどのような不安があるのでしょうか?子連れ再婚で陥る主な不安は3つあります。

再婚相手が自分の子どもを愛してくれるか

子連れ,再婚,女

子どもを連れて再婚することには不安も伴いますよね。子どもをきちんと愛してくれるのか、新しい父親に子どもが心を開いてくれるのか、新しい子どもができたとき、家庭の調和が保てるのか…。

『子連れ再婚』という言葉の重みに、二の足を踏んでいる方もいらっしゃるかと思います。しかし、ここで思い出して頂きたいのが、“それらの心配はシングルマザー特有のものではない”ということです。

なぜなら、子どもと家庭との関係性は貴女とご主人がどれだけ家族に愛情を注げるかにかかっているのであって、それは一般的な家庭でも同じことだからです。

遺伝的つながりがないからといって結婚相手の子どもを愛してくれないような男性であれば、子連れ再婚でなくとも幸せにはなれません。

結局は“良い人を選べるかどうか”にかかっているのですから、思い切って“普通の結婚とそんなに変わらない!”と割り切ってしまうのも、一つの考え方ですね。

子どもが再婚を受け入れてくれるかどうか

女性は子どもが子連れ再婚を受け入れてくれるか心配をする

幸せを願っているのは母親だけではないということも忘れてはなりません。

母親が子どもに対して幸せになってほしいと願うように、シングルマザーとして頑張っているお母さんを見て、子どもは皆“幸せになってほしい”と思っています。

それがどんな形であれ、貴女が本当に幸せそうなら、子どもは受け入れてくれます。お母さんが幸せになることも、子どもの幸せには必要なことなのです。

相手の親に子連れ再婚を反対された場合

子連れ再婚を親に反対される場合もあります。子連れ再婚を反対する親は「その結婚が上手くいかない」、「また子どもえを作るときはどうするのか?」といった心配をします。

では、親に反対された場合はどのように対処すればよいのでしょうか?子連れ再婚を親に認めてもらうには、子連れ再婚することの理由をしっかりと伝える必要があります。

結婚したい理由を伝える、自分の良いところをアピールするなど相手の親に気に入ってもらえるように心がけましょう。

<次ページ:子連れ再婚の婚活ポイント>

-スポンサー広告-