女には理解できない?! 男性が「気になる女性」に対して考えていることとは?

オトコ目線

気になる男性ができると、その男性について考えるのと同じように、男性もまた、気になる女性に対して考えていることがあります。

では、男性は気になる女性ができると、何を考え、何を思っているのでしょうか。

今回はその気になる男性心理に迫ってみることにしましょう。

 

1.話すきっかけ・口実が欲しい

気になる女性には話すきっかけ・口実が欲しいが欲しい

男性は気になる女性との接点をとにかく早い段階で欲しいと感じます。

そのため、話すきっかけや口実が欲しく、女性がどのようなことに興味を持っているのかを常にタイミングを見計らっていることが多いです。

例えば同じ職場に気になる女性がいるとしたら、その女性同士の会話は気になるもの。そこから女性の興味や趣味を伺えることができればと、意識して耳を澄ましていることもあるでしょう。

気が付くとそばに居る、常に会話の中に混じっているという男性がいたら、それはあなたを気になっている可能性が高いと言えるかもしれません。

 

2.連絡の頻度や内容

気になる女性の連絡頻度や内容

気になる女性と連絡先を交換している状態であれば、女性に嫌われない為に、連絡の頻度や内容を気にすることもよくあることです。

しかし、自分の思ったまま連絡してしまえば「うざい」、「鬱陶しい」と思われてしまう可能性もある為、連絡する前は意外と慎重になっている男性は多いものです。

「昨日も連絡したし、やめておいた方がいいかな」、「こんなこと付き合ってもないのに聞いたらまずいかな」と、自分がする行動や発言に気を遣っていることが多く、女性に「どう思われるか」を常に気にして、自分の行動をわざわざ制限していることもあります。

もしあなたが同じように男性のことを思っているのなら、男性に任せっきりな関係は避けた方が良く、「私も興味がありますよ」という姿勢を見せた方が、男性は行動をとりやすくなります。

男性にもっと積極的になってほしい、もっと仲良くなりたいという思いがあるのなら、女性側からの分かりやすい行動も時には示してみてはいかがでしょうか?

 

3.他の男性との関わりが気になる

気になる女性の他の男性との関わり

男性の場合、気になる女性が自分とは違う男性と親しげに話していたり、休日に遊んでいると知った場合、居ても立っても居られない状況になります。

例え嫉妬深いタイプの男性や独占欲の強い男性じゃなくても、他の男性との関わりは気になるものなのです。

というのも、その女性と自分は付き合ってもいない関係。しかし、「どんな関係なのか?」、「何をしているのか?」と本来は聞きたくて聞きたくて仕方がない状態に陥っているわけです。

もしあなたが他の男性について話すことがあった時は、もしかしたら相手の男性を苦しめている可能性があることを頭の片隅にでも入れておくべきでしょう。

また自ら「○○くんとこの間ね…」とか「今日は○○さんと一緒で」という他の男性の話をしてしまうと、積極的になる前に距離を置かれてしまうこともあり得ます。

気になる女性が他の男性と関わりが多いと知った時、諦めてしまう男性も少なくないので、ここは注意しておいた方が無難です。

 

4.自分に対しての思い

気になる女性が自分に対してどう思っているのか

意中の女性が自分に対してどのように思っているかは必ず気にするものです。

特に気になっている点は、「好きか、嫌いか」の極端な思い。少しでも自分に対して「好き」があれば可能性があると見込んで実際に行動に移します。食事に誘ったり連絡先を聞いたり、時に恋愛の話もするでしょう。

逆に「嫌われているかも」と男性が感じている場合には、ほとんど行動には移さない場合が多いです。

何度もアプローチして女性をものにするという手段を選ぶ男性は、実はごくわずかです。そういう男性は「もうこの人しかいない!」という強烈な思いで行動しているような精神状態だからです。

男性の多くは、自分への思いを確認しながら慎重に恋愛に進んで行くというタイプが多いため、女性も男性に対して気がある場合は、接し方や反応で気を引くような見せ方が必要であると言えるでしょう。

 

5.恋愛についての考え方

気になる女性の恋愛の考え方

気になる女性の「恋愛についての考え方」も男性はよく考えています。要は女性の恋愛における価値観です。

例えば男性が「連絡や会う頻度は少なくていい」と思うタイプであっても、女性が「マメに連絡を取り合って、出来る限り一緒に居る時間がほしい」というタイプであれば、付き合ってからの障害が多く感じますよね。

お互いの価値観がズレないようにすることができれば楽なのですが、そうはいかないのが男女の常。男性はそんなところも気になってしまうのです。

とは言えそこまで考えているということは、それだけ恋愛に真剣で、女性を粗末にしないという気持ちを併せ持っているのかもしれません。きっと歩み寄よれるだけの価値がある人と言えるでしょう。

具体的に価値観を近付けるためにできることは、自分の性格との妥協点を見つけていく他ありません。

相手にも自分の事を理解してもらえるよう、モヤモヤやストレスを溜め込まずしっかりと話し合える関係ができると良いですよね。

男性の中にはプレッシャーがあるもの

気になる女性がいるのに、「どうして積極的にいかないの?」、「もっと男らしくリードすればいいのに」と思うこともあるかもしれません。

ただ、女性以上に男性は繊細なところもあり、自分の思いや行動によって、相手を巻き込むことになるというプレッシャーを持っていることも事実なのです。

もし、その気になる女性と恋愛するとなれば、その後は自分がリードしなければならないという思いは少なからず持っているもの。

だからこそ、告白する前、付き合う前に慎重に考える男性が多くいるのです。その慎重な行動を、「草食系男子だ」、「男らしくない」と捉えるのはまだ早計です。

それが男性の優しさや責任感から出ているとしたら、もう少しその男性を知る価値があるのかもしれませんね。

-スポンサー広告-