【女子必見】外国人の彼氏と付き合う30の方法

人見知りでも彼氏が欲しい方必見。狙い目は外国人男性!? オススメ

<<< この記事の先頭に戻る

【26】相手の国を愛すべし

国による文化の違い

自分の国のことは、誰だって良く思ってほしいもの。
私たちも、日本が褒められるのは嬉しいですよね。
まずは、付き合う相手の母国についてよく知る努力をしてください。

そして、素晴らしいと感じたところはどんどん伝えましょう。
彼氏のバックグラウンドを愛してあげることも、好意を伝えるために有効な手段です。

【27】日本語を教えてあげるのも距離を縮める一つの手段

日本のすばらしさ

言語交流サイトについてご紹介しましたが、気になる外国人男性に日本語を教えてあげるのも一つの手段です。
日本語を教えながら、文化や物語、環境など様々な会話が展開するため、自然と付き合うようになりやすいからです。
ただし、人に何かを教えるのには相応の準備が必要です。

話題は学習者にとって必要のあることを先にする、自分から話しやすいよう興味のあることを選ぶ。また、質問も、用意した表現がわからなかったら言い換える用意もしておくことなど、時間をかけて準備してください。準備にかけた時間は必ず効果を生みます。

出典:アルク

当然ですが、「教えてあげるんだから彼氏になって」なんて思うのはNGですよ。

【28】“海外かぶれした痛い女”と思われないように気をつけよ

外国人男性との交際の秘訣

外国人の彼氏と付き合う場合に絶対に避けたいのが、周囲から“海外かぶれした痛い女”と思われることです。

南米ではいろいろな国の人に会います。その中で日本人に会ったのは今まで10人にも満たないですが、海外を放浪する日本人は共通して、病にかかります。いわゆる外国かぶれのようなもので、このはしかのごとく感染力の高いウィルスを持ち帰ると、日本でもれなく友人が減っていくので、これから海外に出ようという人は気をつけてください。

以下が私が出会った海外の日本人がこじらせる病です。
 
ー日本人より、◯◯人の方がいい病
ー危ないところに行ったけど、自分は大丈夫だった病

ー自分は異文化コミュニケーションができるぜアピール病

出典:はてなブログ

彼が外国人だからといって、あなたが外国人になりきることはありません。
後から思い出して恥ずかしいことにならないよう、自分を律しましょう。

【29】異国人が怖いのはどちらも同じ

国際交流に不安はつきもの

「外国人男性って遊び慣れていそうで怖い…」と思う方は多いのではないでしょうか。
もちろんそういう男性もいます。しかし、そうでない男性の場合、不安なのはお互い様なのです。
背景が違う人間同士で付き合うのに、ちょっとした恐れを覚えるのは当たり前です。

日本にいる外国人男性なら、異国にいる分なおさら警戒心が強いかもしれません。
「お互い不安なんだ」という気持ちを持って、少しずつ距離を縮めていきましょう。

【30】人種差別にはどちらの場合もスマートに対応すること

人種差別に負けない方法

“人種差別”は、誰もが受ける可能性を持っています。
しかし、それがどんなにナンセンスなものかは周知の通りです。

もしも誰かが差別を受けている場に居合わせたら、スマートに助け舟を出してあげましょう。
そして、自分がそのような差別を受けたときには、何もなかったように受け流しましょう。
楊柳の風に吹かるる如く、大人な対応がベストです。

5.まとめ 外国人と付き合うなら行動あるのみ

どのようなことにも共通して言えますが、やはり大切なのは”はじめの一歩”を踏み出すこと。最初に少しだけ勇気を出してみることは、やはり必要かと思います。
怖がって自分の殻に閉じこもっていては見えない景色に、一歩踏み出しましょう!

外国人の彼氏と付き合うのは、新しい世界の扉を開くとても素敵な経験です。まずはお友達作りから、ぜひトライしてみてくださいね。

-スポンサー広告-