新年初の神頼み!縁結びに効果がある日本の初詣スポット16選

初詣,おすすめ オススメ

毎年毎年、初詣のたびに「今年こそ彼氏ができますように…」そう神様にお願いしている人も多いと思ます。

しかし振り返ってみると、どうでしょう?

「気になっていた彼と付き合いはじめた」「好きな彼との仲が進展した」そんな良いことが沢山あった人もいれば…

「彼氏と別れてしまった」「気になる男性と出会うことができなかった」なんて結果になってしまった人

初詣に縁結びの神社へ向かう、なんて女性も多いでしょう。そこで今回は初詣で行きたい縁結びスポットについて、地域別に紹介していきます。

 

1,地域別縁結び初詣スポット:北海道、東北地方編

初詣,おすすめ

 

卯子酉様(うねどりさま):岩手県

まず紹介するのは、岩手県の愛宕山近くにある『卯子酉様』です。

明治43年に民俗学者の柳田國男さんが執筆した説話集『遠野物語』の中に登場している神社の一つとして、一部の人には有名になっています。

祭神は卯子酉明神という縁結びの神様で、卯子酉神社や卯子酉大明神などの別名で呼ばれることも多いです。

売店で赤い紐を購入することができ、それを祠の近くにある木々の枝に右手を使わずに左手だけで結ぶことができれば縁が結ばれると言われています。

近くに愛宕神社もあるため参拝する人も多いようで、祠の周りに赤い紐が多く結ばれかなり特徴的な雰囲気といえるかもしれません。

ちなみに、この神社以外にも『卯子酉様』と呼ばれる祠が岩手県の遠野市を中心にして数多く存在します。

 

盛岡八幡宮・縁結美神社(えんむすびじんじゃ):岩手県

続いて紹介するのは、同じく岩手県の盛岡八幡宮内にある『縁結美神社』です。

上で紹介した卯子酉様からも比較的近く、車で約1時間ほどで移動することができます。

この神社は恋愛だけに限らず、人同士の縁全般にご利益のある神社です。縁結びの赤い糸や縁結美守りなどのお守りも、数多くそろっています。

また盛岡八幡宮自体「寺社のテーマパーク」と一部で言われているほど社殿が多くあるため、縁結び以外にも健康や安産の祈願に向かうのも良いでしょう。

ちなみに上で紹介した卯子酉様から盛岡八幡宮と逆方向に向かうと、三陸鉄道の『恋し浜駅』という恋愛スポットに行くことも可能です。

こちらはホタテ貝の絵馬に願いを書いて、縁結びの祈願を行います。

祈願の時間を含めても盛岡八幡宮から5時間ほどで移動できるため、盛岡八幡宮から卯子酉様を通って恋し浜駅へ向かうのも良いのではないでしょうか。

 

2,地域別縁結び初詣スポット:関東地方編

初詣,おすすめ

 

東京大神宮:東京都

関東地方で最初に紹介するのは、東京の縁結びスポット『東京大神宮』です。

もともとは明治時代に三重県の伊勢神宮から分社した神社で、一部の人からは「東京のお伊勢さん」と言われることもあります。

今でこそ数多く行われている『神前結婚式』ですが、実はこの東京大神宮で明治時代に行われたものが日本で一番最初の神前結婚式です。

東京にある神社の中でも最も縁結びにご利益のある神社として、特に女性の方から人気があります。大都市東京にある神社ということもあって、年末年始には人であふれていることも多いです。

また今でも境内にて神前結婚式を行っているので、運が良ければ神前結婚式の様子を見ることができるでしょう。

お守りやおみくじも恋文風の「恋文みくじ」など、個性的なものが多いです。

 

九頭龍神社(くずりゅうじんじゃ) 本宮・新宮:神奈川県

関東の縁結びスポット二つ目は、神奈川県の『九頭龍神社』です。

この神社の本宮は参拝するのに船か徒歩で向かう必要があるため、近くの箱根神社にある新宮に参拝する人も多くいます。

縁結びなどのご利益をさらに授かれる『竜神水』は、本宮ではなく新宮で汲むことが可能です。この竜神水で洗ったアクセサリーを身に着けると、恋愛運が大きく上がるともいわれています。

また箱根神社には『安産杉』という安産祈願の場所もあるため、参拝のみが目的の場合は新宮のほうが良いでしょう。

その代わり本宮までの道は『九頭龍の森』などの自然が多くあるので、時間がある場合は行ってみても良いと思います。

ちなみに箱根神社の売店で買える縁結びのお守りは箱根で伝統の寄木細工の模様があり、ペアになる模様は世界中に一つしかありません。

たった一人の運命の人と出会いたいという場合は、この神社のお守りが一番といえるでしょう。

 

3,地域別縁結び初詣スポット:甲信・北陸地方編

初詣,おすすめ

 

 気多大社(きたたいしゃ):石川県

甲信・北陸地方で紹介するのは、一風変わった縁結びスポットです。まずは、石川県にある『気多大社』を紹介します。

この神社は日本で唯一、縁結び専用祈願所である「気麗むすびどころ」がある神社です。ここでもらえる専用のハート型絵馬に願いを書くことで、お祓いをしてもうことができます。

神社のお守りは祈祷シールがついており、受けた人の名前は本殿にあげられて毎日神職の方がお祓いをしてくれるようです。

境内の中の『太玉神社』の手前にある「むすび神苑」と書かれた石の上に周りの小石を拾って乗せると、幸せになると言われています。

この神社に伝わる『鵜祭り』がもとになっているおみくじもユニークなので、参拝する時には引いてみるとよいでしょう。

 

浄光寺(じょうこうじ):長野県

この記事で紹介する縁結びスポットの中でも特に不思議なのが、長野県にある『浄光寺』の薬師堂です。

この記事で紹介している縁結びスポットは、多くが縁結びに関する逸話があったり縁結びの神様を祀っていたりしています。

ですが薬師堂は治療に使う道具に関する建物ということで、無病息災に関するご利益が多いです。

なぜそのような薬師堂が、縁結びのスポットとして人気になっているのか?

その理由は実は、今でも全く分かっていません。浄光寺に関する七不思議のひとつにも、このことが挙げられるほどになっています。

ですがこの薬師堂が『縁結びの薬師堂』として、有名になっているのも事実です。

理由は気になるところですが、深く考えずにお祈りするほうが良いかもしれませんね。

 

4,地域別縁結び初詣スポット:東海地方編

初詣,おすすめ

 

椿大神社(つばきおおかみやしろ):三重県

東海地方で紹介するのは、三重県の『椿大神社』になります。

祀っているのは全国で多くある『猿田彦神社』や、一昔前に道中でよく見かけた道中安全祈願の『道祖神』の元になったとして有名な猿田彦命です。

神話の内容から「みちびきの祖神」とも言われる猿田彦命は、「よい人生に導く」として縁結びなどにもご利益があります。

また椿大神社にある女性に関するご利益の多い「天之鈿女命」を祀った『椿岸神社』も、女性から大人気です。

ここにある『椿恋みくじ』は椿の花の形をしている綺麗な見た目のおみくじのため、気に入る女性も多いのではないでしょうか?

ちなみに猿田彦命と天之鈿女命が仲の良い夫婦神と言われていることから、縁結び以外にも夫婦円満などにもご利益があります。

神社の立っている場所自体もパワースポットとして良縁に効果があるようなので、カップルで参拝するのも良いかもしれませんね。

 

結神社(むすびじんじゃ):岐阜県

次に紹介するのは名前からも縁結びの神社と分かりやすい、岐阜県の『結神社』です。

恋愛成就だけでなく、人と人との縁を結ぶこと全体に対してご利益のある神社になります。そのため仕事のパートナーとの縁などに関しても、効果があるようです。

この神社はロマン伝説である「照手姫と小栗半官」物語で、小栗半官と死別してしまった照手姫が小栗半官との再会を祈願した神社として有名になりました。

物語の中で照手姫が観音像を納めた観音堂は、特に恋愛成就に効果があるといわれています。

ちなみにこの神社のお守りやおみくじは、神社の境内ではなく近くにある太洋工業というところの事務所で買うことが可能です。

中でも「縁結びの赤い糸」というお守りは、「45(しじゅうご=始終、ご)縁がありますように」ということで45センチの長さに切られています。

 

5,地域別縁結び初詣スポット:関西地方編

初詣,おすすめ

 

貴船神社(きふねじんじゃ):京都府

関西地方からは、寺社仏閣が多くある京都から二か所の神社を紹介します。

まずは、恋物語『貴船物語』の舞台として有名な『貴船神社』です。

この神社の中宮は『結社(ゆいのやしろ)』とも呼ばれていて、縁結びの社として有名になっています。

願いを書いて結ぶことで願いが叶うといわれている『結び文』も、いたるところで目にすることが可能です。

ちなみに現在では多くの神社で奉納されている絵馬は、この神社で過去に生馬を捧げていたことがあったのが元になったのだとか。

TVや雑誌でよく紹介される石段の参道をはじめとして、四季折々で幻想的な風景を見ることができます。

縁結びの祈願だけでなく、観光目的の旅行ルートに入れておくのも良いかもしれません。

 

地主神社(じしゅじんじゃ):京都府

続いて紹介するのは、清水寺の近くにある『地主神社』です。

元々は清水寺の鎮守社とされていたことから、世界遺産と重要文化財にも登録されている神社になります。

清水の舞台の近くにあり鳥居の周りや境内の売店にある「縁結びの神社」や「縁」など看板から、非常に分かりやすいかもしれません。

境内の中には、一方の石から目をつぶったままもう一方の石まで無事たどり着けば恋が叶うといわれている『恋占いの石』があります。

お守りも悩みなどに合わせて多くの種類があるため、自分に合ったお守りを買うことが可能です。

ちなみに先ほど紹介した「恋占いの石」ですが、最近の研究で縄文時代のものだということがわかりました。社伝にもかなり古い記録があることから、清水寺より古い神社という可能性もあるかもしれません。

 

6,地域別縁結び初詣スポット:中国地方編

初詣,おすすめ

 

白兎神社(はくとじんじゃ):鳥取県

中国地方で最初に紹介するのは、日本最古のラブストーリーと言われている大国主命(大国様)と八上姫の神話で有名な『白兎神社』です。

神社の名前にもある因幡の白兎は大国様と八上姫の仲を取り持ったことから、縁結びの神様とされています。

参道の脇にウサギの石像を乗せた燈籠があったり近づくと音楽が流れる手水舎があったりと、比較的華やかな雰囲気のある神社です。

縁結びの縁起物である「結び石」が有名で、ウサギの燈籠やおみくじを結ぶ木の下に多くの結び石が奉納されています。

カップル間での約束事を白兎神に誓願する「白兎起請文」など、カップルの絆を深めるおまじないも多いです。

ちなみにこの神社の一の鳥居の近くにはピンク色の「すご!ウサ縁結びポスト」といったものが設置されていて、社務所で授与お守り型のはがきに願いを込めて投函すると良縁が叶うと言われています

 

八重垣神社(やえがきじんじゃ):島根県

中国地方の縁結びスポット二つ目は、出雲の縁結びスポットの一つとして有名な『八重垣神社』です。

特に有名なのは、境内の社務所で売られている半紙を使った「鏡の池」という占いになります。やり方は簡単で、半紙を鏡の池の水面を浮かべて5円玉を半紙の上中央に乗せるだけ。

半紙の上に乗せるのは10円玉や100円玉でも良いらしいですが、10円玉の場合は「とおえん:遠縁」になるためやめたほうが良いと言われているとか。

半紙が沈むまでの時間で運命の人と出会うまでの時間が、沈んだ場所でその人が自分とどれくらい近いのかということがわかるようです。

半紙にも水にぬれると浮かび上がる占いが書かれているので、鏡の池の占いと合わせて参考にすると良いでしょう。

 

7,地域別縁結び初詣スポット:四国地方編

 

伊邪那美神社(いざなみじんじゃ):徳島県

四国地方の縁結びスポットからはまず、徳島県美馬市にある『伊邪那美神社』紹介します。

実はこの神社は平安時代に編纂された宮社一覧である「延喜式」に書かれた神社の中で唯一、イザナミの名前を持つ神社です。

イザナミは「国生み神話」でも有名な通り、日本の国や多くの神々を産んだ神になります。

そのため縁結びだけでなく、女性に関する多くのご利益を得られるようです。特に女らしさを身に着けられるということで、女性に大きな人気があります。

こうなりたいと思う女性像を思い浮かべながらお願いすると、願った女性の雰囲気になるとか。雰囲気美人になってモテたいという人には、おすすめのスポットといえるでしょう。

 

田村神社(たむらじんじゃ):香川県

続いては「四国の玄関口」といわれる香川県の、高松市にある『田村神社』です。

香川県は水が少ないという話が多いですが、この神社がある地域は多くの水に恵まれていました。それはこの神社の地下に住んでいる、水の神である竜のおかげであるといわれています。

というような竜神伝説で近隣の人には有名な神社ですが、実は最近は前で紹介した「盛岡八幡宮」に匹敵する程祀られている神様が多いです。

特に『顔洗い弁天』と呼ばれる弁天像は、水をかけてお参りすると美しさを得られるといわれています。

四国地方にはこのように、縁結びに限らず女性の美しさなどにもご利益がある神社が多いです。

もし見た目からもてるようになりたいと思う女性は、ぜひ行ってみると良いでしょう。

 

8,地域別縁結び初詣スポット:九州・沖縄地方編

初詣,おすすめ

 

恋木神社(こいのきじんじゃ):福岡県

さてこの記事で紹介する初詣の縁結びスポットも、残り二つ。

最後の九州地方でまず紹介するのは、福岡県の『恋木神社』です。この神社で祀られているのは『恋命』という、恋の神様になります。

実は縁結びの神様は日本に多くいますが、恋愛に特化したご利益がある神様はこの神様しかいません。

そのため絵馬やお守りはハートやピンク色のものが多く、境内はピンク色やハートマークで溢れています。さらに2,3,10,11月には、境内で引くことができる『恋みくじ』もピンク色になるようです。

またおみくじをハート型に結ぶ方法も教えてくれるため、初詣以外にもぜひ行ってみてください。

 

竈門神社(かまどじんじゃ):福岡県

最後に紹介するのは、福岡県の『竈門神社』です。

この神社は体験型の願掛けが多い、縁結びの神社になります。

顔を映してきれいに映れば願いが叶うと言われている水鏡や、二つの岩の間を目を閉じて歩き切れば恋が叶うといわれている『愛敬の岩』が有名です。

それ以外にも、好きな人と再会できるという『再会の木』などもあります。

おしゃれな社務所には多くのお守りが売られているため、テンションが上がる人も多いでしょう。景観も非常にきれいな神社なので、カップルで行くのも良いかもしれません。

公共交通機関で向かう場合は記念品をもらえる場合もあるため、ぜひ皆さんで行ってみてください。

 

9,2018年地域別縁結び初詣スポット:まとめ

初詣,おすすめ

さてここまで初詣で行くべき縁結びスポットについてお話ししてきましたが、いかがだったでしょうか?

体験型の占いや女性らしさのある占い、果ては「なんで?」と思うようなものも多かったと思います。

初詣はその年の初めに、一年間の幸福を願うためのもの。お参りをするスポットは、自分にあった場所を選びたいものです。

ぜひこの記事を参考に、自分が行きたい縁結びスポットで新年のお参りをしてください。

-スポンサー広告-